ワイングラスでおいしい日本酒アワード2022

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2022出品募集

 日本酒蔵元各位
 ワイングラスでおいしい日本酒アワード」では、2022年3月8日に第12回審査会を開催いたします。当アワードは日本酒をワイングラスで飲むスタイルを訴求することで、世代・国・料理ジャンルという3つのボーダーを越えて広く日本酒を飲むシーンを拡大することを狙っています。ワイングラスで飲むことにマッチした日本酒をご出品ください。
 審査は「メイン部門」「スパークリングSAKE部門」「プレミアム大吟醸部門」「プレミアム純米部門」「プレミアムスパークリングSAKE部門」の5部門に分けて行います。
 近年当コンテストへの注目は一段と高まり、受賞酒は各所で高評価をいただいております。みなさまふるってご応募ください。
これまでの活動は下記の公式サイトをご覧ください。http://finesakeawards.jp/

審査概要

審査部門
①メイン部門
1.8L 2600円以下 または 720ml 1300円以下(消費税別)の清酒
②スパークリングSAKE部門
720ml 1960円以下 または 300ml 820円以下(消費税別)の発泡性清酒
※にごり酒はうすにごり(静置時に澱が5mm以下)まで、前記以外のサイズは1ml単価2.8円以下
③プレミアム大吟醸部門
1.8L 2600円超 かつ 720ml 1300円超(消費税別)の純米大吟醸・大吟醸
④プレミアム純米部門
1.8L 2600円超 かつ 720ml 1300円超(消費税別)の純米酒・純米吟醸酒
⑤プレミアムスパークリングSAKE部門
②の価格を超える、発泡性を有する清酒

※いずれも中容量もしくは小容量サイズのラインナップが必須。また、パック・異形瓶での出品は720mlビン詰め替え手数料をいただきます。
審査員 浜田由紀雄(日本酒造組合中央会前理事)、須藤茂俊(日本酒造組合中央会技術顧問)など酒造技術者を審査チームリーダーに、流通関係者、酒類ジャーナリストなどで行なう予定
審査方法 ブラインドで官能審査をおこない7段階で評価する。
  • ・メイン部門とプレミアム大吟醸部門はリーデル『大吟醸グラス』で審査(室温)
  • ・スパークリングSAKE部門とプレミアムスパークリングSAKE部門は『シャンパングラス』で審査(10℃前後)
  • ・プレミアム純米部門はリーデル『純米グラス』で審査(室温)
表彰 金賞(スコア上位30%)、最高金賞(スコア上位5%)
応募条件 広く販売可能な商品であること。
プライベートブランド商品の応募はご遠慮下さい。
受賞酒を購入できないという苦情も増えています。
申込方法 エントリー専用サイトから登録(https://www.sakebunka.jp/finesake/entry.php)
費用
  • ①審査料:各部門1点は無料(審査個票のフィードバックは@3,000円(消費税別))
  • ②追加審査料:同一部門で2点目からは追加審査料5,000円/点(消費税別)。1部門につき最大3点まで
  • ③パック酒・異形瓶等の詰め替え手数料:3,000円/点(消費税別)
  • ④認定料:金賞 3万円 / 最高金賞 5万円(ともに消費税別)
※すべての運営費用を認定料で賄っており入賞後の辞退はお受けしかねます、ご理解ください
申込締切り 2022年2月9日(水)
審査酒 720ml×2本(スパークリング部門などで300mlの場合は3本)
申し込み締切り後、2月16日(水)中 に審査番号を連絡します。
審査酒と外装箱に番号を記載して、指定日・指定の場所(東京都内)着でご納品ください
結果発表 2022年3月下旬に申込時の担当者様のEメールに連絡、公式ホームページで受賞酒を発表
主催 ワイングラスでおいしい日本酒アワード実行委員会
(事務局:問い合わせ先 (株)酒文化研究所03-3865-3010)
協賛 RSN JAPAN(株)(リーデル・ジャパン)
後援 日本酒造組合中央会
ワイングラスでおいしい日本酒アワード2022の
申込は終了いたしました

過去のワイングラスでおいしい日本酒アワード